> > 水素ではしる「燃料電池船」の実証スタート 結果は安全ガイドラインに反映

水素ではしる「燃料電池船」の実証スタート 結果は安全ガイドラインに反映

記事を保存

国土交通省海事局は、14日、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催時期を目途とした燃料電池船実用化に向け、小型船舶による燃料電池の実船試験を10月上旬より開始したと発表した。

この試験は、同省が水素社会実現に向け、水素を燃料とする燃料電池船の安全ガイドライン策定作業に取り組んでおり、この策定にあわせて実施されるもの。なお、同ガイドラインの策定作業は2015年度より3年計画で進められている。

今回開始された実船試験は、燃料電池船の実用化を目指す東京海洋大学(東京都江東区)とNREG東芝不動産(同・港区)が、小型船舶に東芝製の定置用燃料電池を搭載し、海上での使用における課題を抽出する。この試験で得られた成果は、同省が進める燃料電池船の安全ガイドラインの策定に活用される。

試験用に改造された船舶の名は「らいちょうN」。定置用固体高分子膜形燃料電池7kW(3.5kW×2基)および、リチウムイオン二次電池145kWh(13.2kWh×11バック)を搭載。船質はアルミ製、総トン数9.1トン、長さ12.60メートル、満載時最大速力11ノット。試験水域は江東区の東京海洋大学から半径10海里以内。

燃料電池を搭載した国立大学法人東京海洋大学所有「らいちょう N」

燃料電池を搭載した国立大学法人東京海洋大学所有「らいちょう N」

同省では今後、実験データに裏付けされた合理的なガイドラインの策定に向け、この試験以外にも、同省の請負調査事業として海上技術安全研究所が実施する同様の実船試験も予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.