> > ESCO事業の導入実績トップはこの自治体 平均26%省エネ、累計65億円削減

ESCO事業の導入実績トップはこの自治体 平均26%省エネ、累計65億円削減

記事を保存

大阪府は18日、今年度2回目となるESCO事業の提案公募を、同府内の都島警察署ほか4署および、泉南・北河内府民センタービルを導入対象施設として実施し、最優秀提案者と優秀提案者を選定したと発表した。

同公募の審査は、大阪府ESCO提案審査会ESCO事業者選定部会により実施された。今後、同府は2事業それぞれの最優秀提案者と正式な契約締結に向け詳細協議を行う。

今回選定された2事業の最優秀提案の概要は下記の通り。

1.大阪府都島警察署外4件 ESCO事業

最優秀提案者

代表は日本電技(東京都墨田区)。共同提案者は、三井住友ファイナンス&リース(同・千代田区)、セコムエンジニアリング(福島県郡山市)。

対象警察署

都島警察署、旭警察署、住吉警察署、泉南警察署、関西空港警察署(すべて大阪府)

提案の概要(補助金あり)

設備の省エネ化項目は下記のとおり。

  • 空調熱源機器更新(都島、旭、住吉、泉南署)
  • 空調関連機器の運転制御(全5署)
  • EMS制御導入(全5署)
  • 節水器具取付(全5署)
  • LED照明導入(全5署)

省エネ化によるメリットは下記の通り。

  • 省エネルギー率 50.44%
  • CO2削減率 50.84%
  • 各年の府の経費削減効果(税込) 865万6千円/年 (光熱水費削減による利益)
  • 15年間の府の経費削減総額(税込) 2億5,965万5千円/15年(光熱水費削減による利益)
  • 既設機器更新による工事費利益加算額 4,860万円/15年
  • 行政財産使用料加算額 30万円/年
大阪府都島警察署外4件ESCO事業の最優秀提案によるESCO事業の経費と利益配分

なお、次点の優秀提案者は、東芝エレベータ(神奈川県川崎市)とIBJL東芝リース(東京都港区)。

2.大阪府泉南府民センタービル外1件 ESCO事業

設備更新型ESCO事業とは、一部老朽化した設備の更新費用を別途積み上げ、通常のESCO事業と一体的に実施する事業。同事業は、再ESCO施設のため、同事業形態での提案公募を実施した。

最優秀提案者

代表者は共進社工業所(大阪府大阪市)。共同提案者はエナジーデザイン(東京都中央区)。

対象設備

大阪府泉南府民センタービル、大阪府北河内府民センタービル

提案の概要(補助金あり)

設備の省エネ化項目は下記のとおり。

  • 空調熱源システム更新(両施設)
    一部個別空調化を含む
  • 個別空調更新(泉南府民センタービル)
  • 既設インバータ制御の調整(両施設)
  • 空調関連機器の運転制御(両施設)
  • 節水器具取付(両施設)
  • LED照明導入(両施設)

省エネ化によるメリットは下記の通り。

  • 省エネルギー率 31.7%
  • CO2削減率 31.6%
  • 設計・施工・監理サービス料(税込) 1億8,463万7千円
  • 定期点検・計測検証サービス料(税込) 218万円/年
  • ESCO回収率 79.7%
  • 光熱水費削減額(税込) 1億168万5千円/15年
大阪府泉南府民センタービル外1件ESCO事業の最優秀提案によるESCO事業のメリット

なお、次点の優秀提案者は、東芝エレベータ。

今回の事業者選定により、大阪府におけるESCO事業の導入施設数は累計で70施設に達した。同府では、初期投資が不要で後年度負担増がない民間資金活用型ESCO事業を中心に導入をすすめており、全国自治体での導入実績はトップだ。また、2015年度末時点までの累計で光熱水費削減額は約65億円、CO2排出削減量は約15万7千トン、平均省エネ率は約26%と大きな成果をあげている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.