> > 無電化地域を照らす電源不要の街路灯 曲げられる太陽電池+LED照明+蓄電池

無電化地域を照らす電源不要の街路灯 曲げられる太陽電池+LED照明+蓄電池

記事を保存

オーエス(大阪府大阪市)は、太陽光発電シートLED街灯蓄電池を組み合わせた街灯セット「TerraSerdeストリートライト」を開発した。全国の防犯対策や事故防止対策として、無電化地域の対策ツールとして販売する。

曇りの日が続いても40時間点灯できる

この製品は、日没や曇天などで太陽光発電シートが発電しなくなると、自動的にLED街灯が点灯するため、照度センサーが不要。設置後すぐに利用することができる。

ガラス基板型の太陽光発電パネルなら破損するような衝撃にも耐えられるよう、曲げや衝撃に強いアモルファス太陽光発電シートを採用し、電柱などに太陽光発電シートを巻き付けて使用する。また、地面からの反射光も利用できるよう、表面に特殊な加工を施している。

(※全文:922文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.