> > 2017年、日本で初めて「燃料電池バス」が東京の町を走ることに

2017年、日本で初めて「燃料電池バス」が東京の町を走ることに

記事を保存

10月21日、国土交通省が実施している「地域交通グリーン化事業」において初めて、トヨタ自動車(愛知県豊田市)の燃料電池バスが東京都の市場に投入されることが決定した。

日野自動車と共同開発、2020年までに100台の導入を目指す

今回投入が決定されたトヨタ自動車の燃料電池バス(FCバス)は、2017年初めよりトヨタブランドで東京都へ販売する。

「トヨタFCバス」は、日野自動車(東京都日野市)と共同で進めてきたFCバス開発の経験をふまえ、トヨタが開発した。

すでに開発している燃料電池自動車「MIRAI」のために開発した燃料電池技術とハイブリッド技術を融合したシステム「トヨタフューエルセルシステム」を採用。内燃機関に比べてエネルギー効率が高く、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現している。

(※全文:1519文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.