> > 種子島に新型のバイオ燃料生産システム 廃食用油を効率的に利用

種子島に新型のバイオ燃料生産システム 廃食用油を効率的に利用

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、10月31日、エプシロン(東京都中央区)と東北大学、こすも(鹿児島県熊毛郡)が、簡便な操作で高純度脂肪酸エステルを製造できるバイオディーゼル製造システムを確立したと発表した。また、種子島の西之表市にこのシステムを設置し、地域から回収する廃食用油を使った地域密着型バイオ燃料生産システムの本格的な実証を開始する。

現行の、多くのアルカリ触媒を用いたバイオディーゼル製造現場では諸々の課題を抱える。具体的な問題点は下記の通り。

(※全文:1553文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.