> > 太陽電池の進化、「2020年までに発電コスト14円/kWh」に向けて着々と進む

太陽電池の進化、「2020年までに発電コスト14円/kWh」に向けて着々と進む

 印刷 記事を保存

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)は、太陽光の発電コスト低減実現のため高性能と高信頼性を両立した太陽電池の開発するプロジェクトを進めている。

これは実用化が進んでいる結晶シリコン太陽電池とCIS太陽電池を、2020年に業務用電力価格並となる14円/kWh(グリッドパリティ)、2030年に従来型火力発電の発電コスト並みあるいはそれ以下に相当する7円/kWh(ジェネレーションパリティ)を実現する要素技術開発だ。

このプロジェクトにおいて、株式会社カネカは結晶シリコン太陽電池モジュールとして世界最高の変換効率24.37%を実現した。

(※全文:704文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.