> > 和歌山県で「次世代エネルギーパーク計画」が認定 企業も誘致・受け入れ

和歌山県で「次世代エネルギーパーク計画」が認定 企業も誘致・受け入れ

記事を保存

経済産業省は11月10日、和歌山県有田川町の「ありだがわ次世代エネルギーパーク計画」が、同省が推進する「次世代エネルギーパーク」に認定されたことを発表した。

これにより同パークの認定件数は全国で63件となり、和歌山県内の認定は2件目となる。

環境教育のため設備見学ができる計画

「ありだがわ次世代エネルギーパーク」には、現在13の再エネ等の施設・設備がある。有田川町によると、この計画は町民に対して、このような再エネを身近に体験・体感する機会を増やし、より一層の導入促進や啓蒙啓発、そして再エネ先進都市を目指す町として広くPRしていくもの。

(※全文:1082文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.