> > Kickstarterで1億円集めた太陽光発電によるスマートフォン充電器、日本でも発売

Kickstarterで1億円集めた太陽光発電によるスマートフォン充電器、日本でも発売

記事を保存

雑貨などの輸入販売などを手掛けるロア・インターナショナル(東京都新宿区)は、韓国ヨーク社が製造する、太陽光発電デバイス「Solar Paper(ソーラーペーパー)」の販売を開始した。

同製品は2015年、米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で1億円以上を調達し話題になった。日本でも、YOLK社の日本公式代理店を務めるロア社によって、2016年8月からクラウドファンディングサービス「Makuake」で資金を募り2600万円以上を調達している。現在は商品の発送中。今回同社はこの商品を正式に販売する。

太陽光発電パネルは6枚まで追加できる

この製品は、太陽の下でパネルを開き、USBケーブルをつなげて充電するデバイス。スマホやカメラ、モバイルバッテリーなど、USBポートをもつデバイスであれば充電できる。パネルは最大6枚(15W)まで追加できるため、晴れた日なら2.5時間でスマホを充電できる、大型デバイスの充電も可能になる。

(※全文:1181文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.