> > 排ガス中の水銀濃度を監視する「乾式還元方式」計測器、JIS制定

排ガス中の水銀濃度を監視する「乾式還元方式」計測器、JIS制定

記事を保存

経済産業省は、清掃工場などにおいて、排ガス中の水銀および水銀化合物の排出を適切に管理・低減するために使用する、水銀自動計測器の日本工業規格(JIS B7994)を制定した。

水銀による地球規模の環境汚染と健康被害防止を目的に、大気汚染防止法の一部改正によって、各種産業の固定排出源からの排ガス中の水銀・水銀化合物の排出が規制された。これに伴って、施設の運営において水銀濃度の一時的な変化も見逃さない常時監視の必要性が高まっていた。そこで、これまで清掃工場などの先進的な固定排出源現場などで利用実績のある排ガス中水銀自動計測器の規格を制定した。

(※全文:861文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.