> > 地域を自立させるバイオマスエネルギー事業とは NEDOがワークショップ開催

地域を自立させるバイオマスエネルギー事業とは NEDOがワークショップ開催

記事を保存

NEDO(神奈川県川崎市)は、持続可能なバイオマス事業の実現のため、「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業ワークショップ」を、12月13日に福島県で開催すると発表した。

このワークショップでは、各事業者や地域自治体が現在策定中の技術指針・導入要件・先行事業などを紹介する。

新規事業でバイオマスエネルギー事業を構想している事業者はもちろん、現在のバイオマスエネルギー事業の強化を図っている事業者、さらには地域のバイオマス資源を活かして地域の活性化を模索している地方自治体にとって便益のあるワークショップになる予定。

バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業ワークショップ 概要

ワークショップの開催日時は2016年12月13日(火)13:30~17:00。会場はビックパレットふくしま 中会議室A。定員は100名、先着順。参加費は無料。プログラムは下記の通り。

(※全文:937文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.