> > 国立公園内の太陽光発電、この条件をクリアすれば設置できる? 意見募集中

国立公園内の太陽光発電、この条件をクリアすれば設置できる? 意見募集中

記事を保存

環境省は28日、国立公園普通地域内に設置する太陽光発電施設について、景観保護や環境保全の観点から、その行為を禁止・制限、または必要な措置をとるよう命ずる自然公園法上の「措置命令等」の処理基準を追加する案について、パブリックコメント(意見募集)を開始した。

また、この措置命令等の処理基準について明確化を図るため、「国立公園普通地域内における措置命令等に関する処理基準」等の一部改正案を作成し公表した。意見提出の期間は12月27日(火)までの30日間。

展望・風景、野生動物や植物への影響をチェック

今回の改正で追加された処理基準は、具体的には国立公園普通地域内における太陽光発電施設の新築・改築・増築について、「展望の著しい妨げにならない」「色彩・形態が周辺風景と著しく不調和ではない」「野生動植物の生息等に重大な支障を及ぼすおそれがない」などの要件を明記し、すべてに適合するかどうかについて審査し、風景を保護するために必要があると認められる場合は、措置命令等を行うとしている。

(※全文:1098文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.