> > 新開発、廃食油からバイオディーゼルを連続生産する方法 有害廃液も出さず

新開発、廃食油からバイオディーゼルを連続生産する方法 有害廃液も出さず

 印刷 記事を保存

東京都市大学 工学部 エネルギー化学科の高津淑人(こうづまさと)准教授は12月19日、資源の有効活用と温暖化抑止が期待されるバイオディーゼルの普及を目指し、バイオディーゼル製造装置をコンパクト化できる連続的生産法を開発したと発表した。

今回、開発された連続的生産法は、装置に原料となる廃食油を連続的に供給することで、従来の回分型生産法に比べ、効率的な生産が可能となり、有害廃液を副生しない「石灰石」の触媒利用により、これまでバイオディーゼル普及の阻害要因となっていた経済的合理性と有害廃液副生が解消される。これらの技術が事業化を通じて広く活用されるようになれば、東京で排出される廃食油を油田と捉えた、「Tokyo-都市油田」が現実のものとなる。

(※全文:798文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.