> > さいたま市の「住宅向け太陽光発電や省エネ設備への補助金」、申請期間延長

さいたま市の「住宅向け太陽光発電や省エネ設備への補助金」、申請期間延長

 印刷 記事を保存

さいたま市は、17日、市民が住宅に省エネ対策を施す費用の一部を補助する「平成28年度『スマートホーム推進・創って減らす』機器設置補助金」の申請受付期限を、2017年2月17日まで延長した。なお、実績報告書の提出期間は、これまでと変わらず3月15日まで。

2017年1月20日時点の同補助金予算残額は4,669万円。事業の予算総額は1億7千万円。

同補助金は、市民(これから市民になる者を含む)が、自ら居住する住宅に、省エネ対策を実施する場合申請できる。集合住宅に高遮熱塗装を実施する場合のみ、管理組合が申請者となることも可能。また、省エネ対策の完了日が、2016年3月16日(水)から2017年3月15日(水)であることが条件だ。セットメニューや、地元事業者との連携で、補助金が増額できる制度などもある。

補助金の詳細は下記の通り。

(※全文:1254文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.