> > 児童1人あたり年間17.2kg捨てられる学校給食 リサイクルに挑む自治体募集

児童1人あたり年間17.2kg捨てられる学校給食 リサイクルに挑む自治体募集

 印刷 記事を保存

環境省は、学校給食で発生する廃棄物を再生利用するモデル事業を実施する市区町村を、20日より募集している。公募期間は4月14日(金)17時まで。

この事業の名称は「平成29年度学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業」で、環境省が2015年度より実施してきた。学校給食における調理くずや食べ残しなどの食品残渣は、児童1人あたりで年間17.2キログラム、日本の学校給食全体で5万トンが発生している。

同事業は、この食品残渣の再生利用を推進するため、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの促進および、食育・環境教育の観点から学校における学習教材としての利用を促進するためのモデル事業を実施するもの。なお、同公募は2017年度予算の成立が前提となる。

地域の事業者と協力して挑む

市区町村が、市区町村教育委員会、学校関係者、関係事業者等の地域の関係者と協力し、学校給食で発生する廃棄物の3Rの実施、3Rの実施内容を教材とした食育・環境教育の実施や地域循環圏の形成・高度化を図るモデルプランを企画立案する。

(※全文:1737文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.