> > トヨタが新開発した排ガス浄化触媒 貴金属使用量も大きさも20%減

トヨタが新開発した排ガス浄化触媒 貴金属使用量も大きさも20%減

 印刷 記事を保存
トヨタが新開発した排ガス浄化触媒 貴金属使用量も大きさも20%減

トヨタ自動車(愛知県)は、貴金属使用量の低減と小型化を実現した、新型の排気ガス浄化触媒を商品化した。同商品は、2017年春頃発売予定のレクサス「LC500h」を皮切りに新型車両に順次搭載されていく予定。

同商品は、触媒の中心部と周辺部で断面積が異なるセルを一体成形した、世界初となる新設計「FLAD®」基材を用いている。

同商品は、中心部はセルの断面積が小さく密度が高く、周辺部はセルの断面積が大きく密度が低くなっており、触媒内部の排出ガスの流れが均一になる。これにより、従来型と同等の排出ガス浄化性能を維持しながら、貴金属使用量を約20%低減させるとともに、触媒容量の約20%小型化を実現した。また、設計・製造技術の革新により、世界初となる一体成形を実現したことで、量産を可能にした。

大気汚染改善に向け排出ガスをクリーン化するために、触媒貴金属の使用量を増加させることはコストアップや資源枯渇問題など課題が多い。このため、同社では、触媒貴金属の浄化性能を効率化する対策として、最適な基材の形状・長さ、セルの壁厚、セル断面積の改良、貴金属を含む触媒材料の塗り分け、排出ガスの流れに合わせて触媒基材のセル密度を変えるなど様々な研究・開発を行ってきた。

触媒の構造

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.