> > 米国の植物工場ベンチャー、750万ドルを資金調達 地産地消モデル普及へ

米国の植物工場ベンチャー、750万ドルを資金調達 地産地消モデル普及へ

 印刷 記事を保存

米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の開発・販売を行っているベンチャー企業だが、今月末に750万ドルの資金調達に成功した。同社は2015年に設立し、ニュージャージー州のカーニーに試験栽培用の研究開発施設があるが、量産施設を運営した経験はない。

米国では近年、完全人工光型植物工場や都市部エリアの屋上スペースなどを活用した太陽光利用型植物工場を運営するベンチャー企業に投資が集まっている。

研究開発のみで、本格的な生産実績のないベンチャーであっても1億円近くの投資を受けている事例は多い。実績のある企業であれば、ゴールドマン・サックス等、有名投資銀行も含め、複数社から数十億円の資金調達に成功している事例もある。


この記事は、たとえば

  • 植物工場を運営する事業者にとって、事業規模拡大のヒントになります。
  • 植物工場のメーカー側事業者にとって、米国での市場情報として参考になります。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.