> > 下水汚泥による肥料で育てた野菜、イメージ悪いので国交省が愛称つける

下水汚泥による肥料で育てた野菜、イメージ悪いので国交省が愛称つける

 印刷 記事を保存
下水汚泥による肥料で育てた野菜、イメージ悪いので国交省が愛称つける

国土交通省は4月13日、GKP(下水道広報プラットホーム)と連携し、下水汚泥を発酵した肥料で育てた農作物などの「下水道発食材」の愛称を「じゅんかん育ち」に決定したと発表した。

下水処理の過程で発生する汚泥は肥料に欠かせないリンや窒素を含有しており、下水汚泥を発酵して肥料を作り、農家に安価で提供することが可能である。そのため国土交通省では、再生水・汚泥・熱・二酸化炭素などの下水道資源を農作物の栽培等に有効利用し、農業等の生産性向上に貢献する取り組みを「BISTRO(ビストロ)下水道」と称して推進している。

一方、下水道発食材(下水道資源を有効利用して作られた食材)の普及に向けては、下水道に対する印象面が課題となっていた。

国土交通省は下水道に関する全国ネットワークの構築・情報交流・連携を目指す組織であるGKP(下水道広報プラットホーム)と連携し、「BISTRO下水道」の広報活動の一環として、下水道発食材について、「イメージ向上に資するとともに、国民に親しまれやすい」愛称の公募を行った。今回、833点の応募作品の中から「BISTRO下水道ネーミングコンテスト審査会」の審査を経て、愛称を「じゅんかん育ち」に決定した。

国土交通省では、今後、下水道資源を農作物の栽培等に有効利用する取り組みを進めている関係者と連携し、下水道発食材の愛称「じゅんかん育ち」を浸透させることで、下水道資源の有効利用に関する安全・安心や取組への理解促進を図り、さらなる下水道資源の有効利用に取り組んで行く考えを示している。

なお、BISTRO下水道とは、下水汚泥由来肥料の安全性、使用したことで得られるメリットなどを発信するプロジェクトである。

下水道の価値向上をめざす広報を

GKPは、広報活動等を通じて下水道の真の価値を伝えるとともに、これからの下水道を皆で考えていく全国ネットワークの構築と情報交流・連携を目指す組織。事務局は日本下水道協会(東京都千代田区)。

また、GKPは4月から第5回「GKP広報大賞」のエントリーを受け付けている。エントリー期間は2017年5月19日(金)まで。

「GKP広報大賞」は、下水道界で展開されている広報活動のうち、他業界への効果的な訴求など下水道インフラの価値を高める上で優れていると思われる広報活動事例を発掘、表彰し、下水道界に広く普及させることを目的とするものである。

その他、エントリーの詳細などはGKPホームページを参照のこと。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.