> > ビットコインなどの仮想通貨で電力売買 エナリスがサービスの検討開始

ビットコインなどの仮想通貨で電力売買 エナリスがサービスの検討開始

 印刷 記事を保存

エナリス(東京都千代田区)は5月31日、ソラミツ(東京都港区)が主導して開発を進める、国産ブロックチェーンソフトウェア「Hyperledger Iroha(いろは)」の電力領域におけるユースケース・パートナーとなり、ブロックチェーン技術を活用した様々な電力サービスの検討を開始したと発表した。

ビットコイン等、仮想通貨の価値記録の取引に使用されているブロックチェーン技術は、従来の中央集権型システムに比べ、改ざんが極めて困難で、その箇所が動かないとシステム全体が停止するような単一障害点がないシステムを安価に構築できることから、幅広い分野への応用が期待されている。

今回の取り組みでは、ブロックチェーン技術をスマートメーターに組み込んだシステム開発の実績をもつ会津ラボ(福島県会津若松市)の開発協力と、「いろは」のブロックチェーン技術を用いた学内通貨実証の経験を持つ会津大学(福島県会津若松市)の技術協力のもとに推進し、新しい電力サービスの商用化に向けた実証等を行っていく。

またエナリスは、「いろは」のブロックチェーン技術を活用した今回の取り組みによって、再生可能エネルギーや個人が創出する電力(創エネ、省エネ、蓄エネ)を有効に活用できる分散型エネルギー社会の実現に貢献し、将来的に個人が自由に電力取引できる環境の整備を目指すとしている。

(※全文:1958文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.