> > 燃料電池システム、ホテルに熱電併給 水素は廃プラスチックから精製

燃料電池システム、ホテルに熱電併給 水素は廃プラスチックから精製

 印刷 記事を保存

東芝(東京都港区)は6月5日、神奈川県川崎市で建設中の「東急REIホテル」内に設置する100kW純水素燃料電池システム昭和電工(東京都港区)から受注したと発表した。

20170606_c02

このシステムでは、川崎臨海部にある昭和電工川崎事業所で使用済みプラスチックから水素を精製し、パイプラインを通じて同ホテルに常時輸送。この水素を燃料とし、今回導入した燃料電池システムで100kWの電力と熱を同ホテルに供給する。運転開始は2018年春を予定している。

純水素燃料電池システムは、水素を直接用いて発電するため、CO2を発生させずに発電できるほか、5分という短時間で発電を開始することができる。

100kW純水素燃料電池は、東芝グループの純水素燃料電池システムにおける最大のラインアップであり、山口県周南市地方卸売市場や、総合化学メーカーのトクヤマ(山口県周南市)の実証プロジェクトで稼働している。

環境省の技術実証事業でシステムを導入

今回の事業は、環境省公募の「平成27年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」で採択されたもの。

昭和電工は、川崎事業所におけるアンモニア製造工程において、原料となる水素を使用済プラスチックから取り出す製造方法を2003年から導入している。

この製造方法は、使用済プラスチックを原料とすることで化石燃料の消費を抑えるだけでなく、製造工程で発生するCO2をドライアイスにリサイクルするなど副生物を資源として有効活用しており、従来の製造方法に比べ、環境負荷の低減を実現しているという。

なお「東急REIホテル」は、大和ハウス工業(大阪府大阪市)が、川崎市殿町キングスカイフロント地区で建設中のホテルである。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.