> > 気候変動リスク、最新の科学的知見がわかるシンポジウム 環境省が開催

気候変動リスク、最新の科学的知見がわかるシンポジウム 環境省が開催

 印刷 記事を保存
気候変動リスク、最新の科学的知見がわかるシンポジウム 環境省が開催

環境省と外務省、国連広報センターは、国民に気候変動問題への理解を深めてもらうため、9月13日に東京で、気候変動シンポジウム「気候変動によるリスク -私たちはどう立ち向かうか-」を開催する。参加費は無料、事前申込み制。

気候変動によるリスクには、自然資源や生態系といった自然システムと、エネルギーや食糧の供給や国境を越えた人の移動といった人間システムの双方への影響が含まれる。このシンポジウムでは、気候変動による社会的・経済的脆弱性などについて最新の科学的知見や安全保障等の様々な観点から考察していく。

また、パネルディスカッションでは、気候変動への脆弱性に対処するために、緩和策あるいは適応策としてどのようなリスク・マネジメントが検討されているのか、またその効果的な実施を通じて持続可能な開発を実現していくために、私たちに何ができるのかについて議論する。

登壇者には、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の副議長をはじめ、科学と人をつなぐ環境コミュニケーターとして気象キャスター、安全保障の側面から地域情勢や外交政策の分野に携わる専門家、次世代の代表として高校生などを迎えて行われる。

シンポジウムの開催日時は9月13日(水)13:00~17:35(開場12:15)。場所は、千代田放送会館2Fホール(東京都千代田区)。同時通訳(日本語・英語)あり。参加申込みは9月8日(金)までにウェブサイトやEメールから。期限内でも定員に達し次第締め切る。

予定されているプログラムは下記の通り。

基調講演1「気候変動によるリスクに関する最新の科学的知見の概要」(仮題)

テルマ・クルーグ氏(IPCC副議長)

基調講演2「気候変動と安全保障」

亀山康子氏(国立環境研究所 社会環境システム研究センター 副センター長)

パネルディスカッション

モデレーターは国連広報センター所長 根本かおる氏。パネリストは下記の通り。

  • テルマ・クルーグ氏 IPCC副議長
  • 亀山康子氏 国立環境研究所社会環境システム研究センター副センター長
  • 田辺清人氏 IPCCインベントリータスクフォース(TFI)共同議長
  • 井田寛氏子 気象キャスター
  • 神奈川県立横浜国際高等学校(スーパーグローバルハイスクール指定校)代表生徒
  • 石垣友明氏 外務省国際協力局気候変動課長
  • 木村正伸氏 環境省地球環境局研究調査室長

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.