> > 日本が支援したモンゴルのメガソーラー JCMで2回目のクレジット発行

日本が支援したモンゴルのメガソーラー JCMで2回目のクレジット発行

 印刷 記事を保存

環境省は10月24日、日本とモンゴルで実施している二国間クレジット制度(JCM)において、2回目のクレジットが発行されたと発表した。

これは、モンゴル国ダルハン市近郊にある110kV変電所の隣接地に、10MWの太陽光発電を導入し、発電した電力をグリッドに送電することによって、温室効果ガスの排出削減を実現したプロジェクト。日本側のプロジェクト実施者はシャープ(大阪府堺市)。

今回発行されたクレジット量は8,947トン-CO2で、うち日本政府への発行量は6,263トン-CO2(70%)、日本企業への発行量は895トン-CO2(10%)、モンゴル政府への発行量は1,789トン-CO2(20%)。クレジット発行対象期間は2017年1月1日~7月31日の7ヶ月間。また、このプロジェクトの累積削減量は約20万トン-CO2を見込んでいる。

(※全文:787文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.