> > 中国が輸入禁止予定のプラスチックゴミ、新型リサイクル設備に補助金

中国が輸入禁止予定のプラスチックゴミ、新型リサイクル設備に補助金

 印刷 記事を保存

環境省は11月22日、中国政府が2017年12月末から生活由来の廃プラスチックの輸入を禁止するとしていることを受け、「平成29年度省CO2型リサイクル高度化設備導入促進事業」の第3次公募として、プラスチックリサイクルの高度化に資する設備を導入する事業者を募集すると発表した。募集期間は12月22日まで。

この「プラスチックリサイクル高度化設備緊急導入事業」は、国内資源循環の確保に向け、ペットボトル・容器包装プラスチックなどのリサイクルを高度化できる設備を導入する事業者に対して補助を行うもの。執行団体は、公益財団法人廃棄物・3R研究財団。

高度リサイクルの設備導入に1/2の補助金

この補助金の対象経費は、廃プラスチックを異物除去、選別、洗浄・原料化する設備、設備対象機器の制御盤・対象機器間の配管、配線などと、これらの設備の運搬、据付け、試運転調整に要する経費。

(※全文:797文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.