> > 「カーボンプライシング」導入の検討すすむ 環境省の有識者会議まとめ

「カーボンプライシング」導入の検討すすむ 環境省の有識者会議まとめ

環境省は、脱炭素経済への移行に向け、炭素税や排出量取引制度など、日本におけるカーボンプライシング(炭素の価格付け)の活用のあり方について議論してきた有識者会議の取りまとめを公表した。

この取りまとめでは、社会のあらゆるところで経済社会システムと技術のイノベーションを起こし、また、脱炭素社会に向けた円滑な移行を誘導していくためには、カーボンプライシングが有効だと結論づけている。

また、カーボンプライシングは、温室効果ガス排出のコストや対策の費用対効果を「見える化」し、長期大幅削減を費用効率的に達成することが可能だとした。さらに、炭素削減に向けた「共通の方向性」を企業や投資家に示すこともでき、脱炭素社会に向けた市場の活性化の推進力となり、経済・社会的課題との同時解決にもつながるとした。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.