> > 褐炭から製造した水素を液化、日本へ輸送する実証事業 日・豪共同でスタート

褐炭から製造した水素を液化、日本へ輸送する実証事業 日・豪共同でスタート

 印刷 記事を保存

川崎重工業 (東京都港区 )、電源開発(Jパワー/東京都中央区 )、岩谷産業(東京都港区 )、丸紅(東京都中央区 )は4月12日、豪州企業のAGL Energy Limited(AGL)とともにコンソーシアムを組み、豪州・ビクトリア州ラトローブバレーの褐炭から製造された水素を液化し、日本へ輸送する国際的なサプライチェーン構築の実証事業に取り組むと発表した。

このHydrogen Energy Supply Chain Project(HESC Project)は、同コンソーシアムが豪州政府からの資金援助を受けて実施するもの。実証事業では、水素ガス精製、液化水素製造、陸上輸送・積出のパイロット実証と、水素サプライチェーンの商用化に関して検討する。

未利用エネルギー由来水素サプライチェーン構築の一環

今回の実証は、川崎重工らが進める「CO2フリー水素サプライチェーン構想」の一部。

(※全文:1063文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.