> > 福島電力、電力小売事業から撤退 誤請求・二重請求など多発、改善せず

福島電力、電力小売事業から撤退 誤請求・二重請求など多発、改善せず

 印刷 記事を保存

福島電力(福島県楢葉町)は、5月18日、小売電気事業として電気を供給する事業から撤退し、顧客に電力会社を紹介するサービス「でんきの窓口」に特化することを発表した。すでに同社は、顧客に対して現行の福島電力のプランよりも電気料金が安くなるプランの案内を進めている。

代理店販売も展開していたが…

同社は、2017年4月より小売電気事業者として、日本全国(沖縄県、離島を除く)の電力会社や数百社のパートナー企業と提携し事業展開を行ってきた。提携している企業は、明和不動産管理(熊本県熊本市)やAMBITION(東京都渋谷区)など、賃貸物件管理を行う不動産事業者や、きちり(大阪府大阪市)などの外食産業事業者ほか。

(※全文:932文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.