> > 「ハエ」が糞尿を100%有機肥料・飼料にリサイクルする新技術

「ハエ」が糞尿を100%有機肥料・飼料にリサイクルする新技術

 印刷 記事を保存

ムスカ(福岡市博多区)は、イエバエによる『畜産糞尿を有機肥料や飼料に100%リサイクルする循環システム』を用いて、人口増加による食糧危機の解消を目指す。イエバエは、ハエの一種であり、学名:Musca Domestica(ムスカ・ドメスティカ)と呼ばれるもの。

ムスカ独自のイエバエ技術とは、45年1,100世代に及ぶ選別交配を重ねたイエバエによって有機廃棄物をわずか1週間で飼料と肥料に100%リサイクルする画期的な昆虫技術。従来、家畜糞などを堆肥化するのには数カ月の期間を要していた。

ムスカのイエバエは、普通のイエバエよりも成長が速く、高密度で飼っても死ににくく、一度に大量の卵を産卵する品種で、いわばイエバエ界のサラブレット。


この記事は、たとえば

  • 有機廃棄物を排出する事業者にとって、廃棄物処理技術として参考になります。
  • 農業、畜産業、養殖業にとって、飼料や肥料の選択肢として参考になります。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.