> > NTT東日本もイチゴ栽培、IoTでスマート化 収穫量・品質向上の実証実験へ

NTT東日本もイチゴ栽培、IoTでスマート化 収穫量・品質向上の実証実験へ

東日本電信電話(NTT東日本/東京都新宿区)千葉事業部は1月9日、千葉県の「平成30年度スマート農業導入実証事業」における「イチゴ栽培における環境制御技術の検証」でIoTを活用した実証実験に参画していることを発表した。

同社は、イチゴの収量向上や品質向上を図るためには、ICTなどを活用した環境制御技術の導入が効果的だと考え、イチゴのビニールハウス内に環境モニタリング装置とネットワークカメラを設置。

ビニールハウス内の環境情報の見える化(温度・湿度・照度・飽差・土壌水分・二酸化炭素濃度)により、イチゴでの環境制御技術の検討と管理方法の改善を行うことで、安定した生産量の確保と良食味栽培技術の確立を図る。

具体的には、環境モニタリング装置とネットワークカメラにより得られた環境情報と生育情報を組み合わせることで、イチゴ栽培における日中炭酸ガス施用や栽培管理技術の改善を目指す。

(※全文:1358文字 画像:あり 参考リンク:あり)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.