水素を普通に燃焼させるより熱エネルギーを得られる新技術 三菱地所が出資

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

三菱地所(東京都千代田区)は、クリーンなエネルギー社会の実現を目指すため、新水素エネルギーを研究開発するクリーンプラネット(東京都港区)が1月25日付で実施した第三者割当増資の引き受けを行った。

クリーンプラネットは、2015年に東北大学と共に設立した、東北大学電子光理学研究センター内の「凝縮系核反応研究部門」を拠点としている。その拠点で同社は、水素を利用した従来の「水素エネルギー」に比べ、水素単位当たりのエネルギー出力が膨大な「新水素エネルギー」の開発と実用化に取り組み、電力コストを現在の1/10とすることを目指している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報