> > 九州電力、猛暑対策・LED化などの法人向けサービスをブランド化

九州電力、猛暑対策・LED化などの法人向けサービスをブランド化

九州電力(福岡県福岡市)は、地域社会の関心が高い九電グループの取扱い商品を、2月21日から自治体や企業を対象に「ウィズキュー」として販売を開始した。

「ウィズキュー」では、「防災対策」「猛暑対策」「LED化」「情報セキュリティ」4つのカテゴリーについて関連商品を取り揃えた。これにより自然災害の多発化・激甚化や、技術革新等の環境変化による様々なリスクへの対応をサポートする。

猛暑対策、LED化などのサービス提供

防災対策:電気、トイレ・空調、非常食、輸送に備える

「ウィズキュー」が提供する防災対策としては、災害時にも変わらる生活が送れるよう、電気、トイレ・空調、非常食、輸送に備える商品を提案する。

たとえば電気への備えでは、太陽光発電パネルと蓄電池、非常用倉庫を一体化したガレージや、定置蓄電池と電気自動車(EV)プラグインハイブリッド(PHV)急速充電器をセットにした「V2Xシステム」などを提案する。

(※全文:1076文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.