> > 自然電力、保有する太陽光発電所からトラッキング情報付非化石証書をぶじ取得

自然電力、保有する太陽光発電所からトラッキング情報付非化石証書をぶじ取得

自然電力(福岡県福岡市)は6月14日、経済産業省の第二回非化石証書トラッキング実証実験に参加し、グループ保有の太陽光発電所より、電源種や発電所所在地などの属性情報を付与したトラッキング情報付き非化石証書を取得したと発表した。

今回取得したトラッキング情報付き非化石証書は、2018年10~12月発電分で、合志農業活力プロジェクト太陽光発電所(熊本県合志市)より116,736kWh、那須豊原第一太陽光発電所(栃木県那須町)より65,182kWhを購入した。

この実証実験による非化石証書を活用した電気を小売電気事業者が販売し、需要家が購入した場合、その電気は自然エネルギー由来とみなされ、需要家による「RE100」認定の取り組みや温暖化対策に活用できる。

自然電力は、トラッキング情報付き非化石証書の取得により、「RE100」認定、地産電気の取得など、より細やかな需要家のニーズに合わせた電気を提案していく。

(※全文:1104文字 画像:なし 参考リンク:なし)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.