> > 環境省、国民参加で気候変動情報を収集・分析 茨城・静岡など5県で実施

環境省、国民参加で気候変動情報を収集・分析 茨城・静岡など5県で実施

環境省は9月5日、国民参加による気候変動情報収集・分析事業を行うと発表した。2019年度は、茨城県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県に委託し、実施する。

同事業は、地域の影響に応じたきめ細やかな適応策を実施することを念頭に、地域の気候変動影響を把握することが目的。気候変動適応法に基づき設置される地域気候変動適応センターが主体となって、下記の通り、ワークショップやホームページ、ヒアリング、アンケートなどを通じた住民参加型の情報収集を行う。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.