> > 廃食油を100%燃料化するボイラシステム 燃料費最大約65%削減、IBK

廃食油を100%燃料化するボイラシステム 燃料費最大約65%削減、IBK

IHIグループのIHI汎用ボイラ(IBK/東京都江東区)は10月7日、食品加工工場などで発生する廃食油を100%燃料として利用できる廃食油焚ボイラ「K-Tシリーズ」を組み込んだ新システムを開発し、本格販売を開始したと発表した。

この新システムでは、食品加工過程で発生した廃食油を、自社に設置した廃油清浄装置で全量清浄し、そのままボイラの燃料として再利用できる。新たに燃料を購入するのに比べ、最大約65%コスト削減が可能となると試算している。同時に、廃食油をバイオマス燃料として再利用することにより、省資源化とCO2削減に貢献する。

023245-2

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.