> > JR東日本、SDGs達成へレジ袋やストローを代替素材に グループ25社で

JR東日本、SDGs達成へレジ袋やストローを代替素材に グループ25社で

JR東日本グループ(東京都渋谷区)は10月8日、持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた新たな取り組みを発表した。
グループ会社の店舗などで使用するレジ袋を2020年9月末までにバイオマス素材に置き換えるといったプラスチック削減に取り組むほか、外務省と国連広報センターの後援により、山手線で「SDGsラッピングトレイン」の運行などを実施する。

具体的な取り組みは、以下の通り。

ストローを代替素材に 名刺は石灰石素材に置き換え

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.