> > 海洋プラごみに関するG20会合、対策・優良事例の報告書などを策定

海洋プラごみに関するG20会合、対策・優良事例の報告書などを策定

環境省と経済産業は、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)とともに、「G20資源効率性対話・G20海洋プラスチックごみ対策実施枠組フォローアップ会合」と関連イベントを10月8日~11日に国連大学(東京都渋谷区)で開催した。

その成果として、海洋プラスチックごみ対策について、各国から報告された情報を基に、各国の対策・優良事例に関する「G20海洋プラスチックごみ対策報告書」を取りまとめた。会合では、2050年までに海洋プラスチックごみによる新たな汚染ゼロを目指す「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」の実現に向け、相互学習などを通じた対策・施策の推進を確認した。

また、資源効率性については、一層効果的に各国の取組みを促進するため、各国の具体的な活動内容を含めた「G20資源効率性対話ロードマップ」を策定した。これらを含めた今後の取り組みなどに関する議長サマリーを取りまとめた。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.