> > ユニ・チャーム、使用済み紙おむつを再生 リサイクル技術事業化目指す

ユニ・チャーム、使用済み紙おむつを再生 リサイクル技術事業化目指す

ユニ・チャーム(東京都港区)は10月17日、紙おむつの循環型モデルの構築を目指す再資源化プロジェクトにおいて、使用済み紙おむつを衛生物品に利用可能な水準にまで再生する技術を確立するとともに、再資源化した原材料を用いた紙おむつなどの試作品製作に成功したと発表した。

同社は、使用済み紙おむつから、パルプや高分子吸収ポリマー(SAP)をリサイクルする技術を確立した。リサイクルしたパルプや高分子吸収ポリマーは、オゾン処理を経ることにより、再度紙おむつに利用できる品質となる。

また、今回再生したパルプや高分子吸収ポリマー(SAP)を材料とした紙おむつに加えて、トイレットペーパーやメモ用紙、紙製ファイルなど様々な試作品を製作した。

23315-2

同社は、使用済み紙おむつを使用したリサイクル技術を事業化するため、10月1日付でCSR本部内に「リサイクル事業準備室」を設置した。また、使用済み紙おむつのリサイクルという新たな「循環型モデル」の認知と普及の拡大を目的に、2020年にコンソーシアムを設立するための検討を始めた。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.