> > チリ、COP25の開催を断念 スペインがマドリードでの代替開催を申し出

チリ、COP25の開催を断念 スペインがマドリードでの代替開催を申し出

画像はイメージです(© sorranop01 / amanaimages PLUS)

南米チリのセバスチャン・ピニェラ大統領は10月30日、同国で11月と12月に開催が予定されていたアジア太平洋経済協力(APEC)会議と、COP 25気候変動サミットの開催中止を発表した。

この2週間、相次ぐデモによってチリ国内は麻痺状態に陥っている。このため、大統領は市民の要求に応えることを最優先し、国際会議の開催断念を決断した。

大統領は、コメントの中で、「政府の主な関心事と優先事項は、公共の秩序の再構成にあり、市民の安全と社会の平和に集中し、市民の主要な要求に応えるために社会的課題を推進する」と述べている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.