> > NEDO、バイオエネ地産地消実証 蒸気ボイラ導入など7件採択

NEDO、バイオエネ地産地消実証 蒸気ボイラ導入など7件採択

画像はイメージです(© Nostal6ie / amanaimages PLUS)

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は10月29日、地域特性を活かした最適なバイオマスエネルギー利用システムを構築するため、実証事業で1テーマ、事業性評価(FS)で6テーマの計7テーマを採択したと発表した。

実証事業では、事業者所有のクリーニング工場に廃棄バイオマスを燃料とした蒸気ボイラーを導入することで、既存の重油ボイラーからの燃料転換を図る。燃料の価格変動に左右されにくい経営基盤を確立し、地域で発生する廃棄バイオマス資源を活用することでエネルギーの地産地消に貢献する。

FSでは、バイオマス種ごとに再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)や補助金などに頼らないことを念頭においた事業運営を実現するために、長期的な燃料調達計画や、エネルギー需要先確保、設備を安定稼働させるための基本設計、システム全体のコスト分析、資金調達の検討などに取り組む。

廃棄バイオマスでエネルギー地産地消

採択テーマと委託・助成予定先は、下記の通り。

実証事業

採択テーマ 助成予定先 実施地域
廃棄バイオマスを利用したクリーニング工場への蒸気供給事業の実証事業
  • 事業者所有のクリーニング工場に建廃チップ(建設資材廃棄物をチップ化したもの)と廃菌床(キノコの菌床栽培の使用済み廃培地)など、廃棄バイオマスを燃料としたバイオマス蒸気ボイラーを導入することにより、既存の重油ボイラーからの燃料転換を図り、燃料の価格変動に左右されにくい経営基盤を確立する。
  • 地域で発生する廃棄バイオマス資源を活用することでエネルギーの地産地消に貢献する。
ウイズユー 鳥取県

事業性評価(FS)

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.