Jパワー、褐炭ガス化・水素精製設備の建設開始 水素製造・輸送実験に参画中

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

電源開発(東京都中央区/Jパワー)は11月7日、オーストラリア・ビクトリア州ラトロブバレーで実施されている国際水素サプライチェーン構築の実証事業において、褐炭ガス化・水素精製設備の定礎式が行われたと発表した。

同実証事業では、褐炭ガス化・水素ガス精製・液化水素製造・液体水素運搬船・液体水素荷揚基地の実証と、水素サプライチェーンの商用化が検討される。同社は、これまで培ってきた石炭ガス化の知見を活かし、褐炭ガス化・水素ガス精製設備を担当する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報