> 燃料電池・水素

燃料電池・水素

政府による方針が発表され、水素ステーションの建設、水素タンクに関する規制緩和、再エネから水素を生成する新技術、事業者による水素の小売単価発表、そして新型の燃料電池車(FCV)の発表と、その驚異的な航続距離――

にわかに活気づき、現実味を帯びてきた「水素社会」。世界的に見てもまだ前例のない新しいこのエネルギーの流通の形、果たして世界の先駆者となるのか、それともガラパゴス化するだけなのか。

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.