> > 地球温暖化が進んだ将来の雨量を見積もる方法を確認 海洋研究開発機構と東大

地球温暖化が進んだ将来の雨量を見積もる方法を確認 海洋研究開発機構と東大

海洋研究開発機構(神奈川県横須賀市/JAMSTEC)と東京大学(東京都文京区)は、現在と約100年後の将来を想定した高解像度気候シミュレーションデータを解析した結果、海洋上の温帯低気圧がもたらす雨量は地上気温によっておおよそ決定できることがわかったと発表した。

この成果は、今後高精度な雨量の衛星観測を地球全体で行うことで、温暖化が進んだ将来の雨量を見積もることができることを意味しているという。

この研究は、地球温暖化に伴う温帯低気圧の雨量増加を衛星観測から高精度に求める試みとして行われた。日本を含む中緯度において、雨の多くは温帯低気圧によってもたらされている。温帯低気圧がもたらす雨量の将来予測は科学的のみならず社会的にも重要な研究テーマだが、その将来変化は定量的な見積もりが難しく、研究によって予測に大きなばらつきがある。

現在気候と将来気候、北半球と南半球に依存せず普遍的に成立

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.