> > 日本・タイ・香港のリサイクル会社がタッグ タイに新会社設立、全世界で展開

日本・タイ・香港のリサイクル会社がタッグ タイに新会社設立、全世界で展開

右から鈴木商会の駒谷代表取締役社長、CEGのQin代表、日高洋行の日高代表取締役社長

廃棄物処理事業者の鈴木商会(北海道札幌市)は11月26日、タイ・香港のリサイクル会社と共同で、タイにおいて、世界各国からモータースクラップを集め、リサイクルし、原料を世界販売する会社を11月5日に設立したと発表した。

中国の輸入規制を始め、近年廃棄物やリサイクルを取り巻く各国の環境が変化する中、世界的に多くのスクラップが滞留している状況が続いている。この課題を解決するため、鈴木商会は、タイで91年の歴史があるHIDAKA YOOKOO ENTERPRISES(日高洋行)、欧米と中国のモータースクラップリサイクルに強い香港のChiho Environmental Group(CEG)とJV(共同企業体)を組み、モータースクラップ解体事業を開始する。

鈴木商会によると、日本・タイ・香港の3国企業によるJVは日本で初めて。さらに日本企業が、タイ国内において「モータースクラップ解体事業」を展開することも初となるという。

1月に工場を稼働、2020年の年間処理計画は6万トン

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 62 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.