> > 「降伏か希望か、人類は二択に直面」 COP25で国連事務総長が演説

「降伏か希望か、人類は二択に直面」 COP25で国連事務総長が演説

出典:António Guterres(@antonioguterres)_Twitter

気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)が12月2日、スペイン・マドリードで開幕した。開幕式典では国連のアントニオ・グテレス事務総長が演説し、人類は気候変動による危機的状況に直面し、降伏か希望のいずれかを選択しなければならないとコメントした。

グテレス事務総長は「1つは降伏の道であり、私たちは地球上のすべての人の健康と安全を危険にさらす、もう戻れない地点を過ぎてしまった」と指摘。そのうえで、「地球が燃えている間に時間を浪費していた世代として記憶されたいのか」と警鐘を鳴らした。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.