> > 三井情報、北海道電力にESP事業向け遠隔監視システムを導入

三井情報、北海道電力にESP事業向け遠隔監視システムを導入

システム概要図

三井情報(東京都港区/MKI)は12月26日、北海道電力(北海道札幌市/北電)に、「ESP(エネルギーサービスプロバイダ)事業向け遠隔監視システム」を導入したと発表した。

同システムは発電機等の設備やセンサーから収集したデータを、同社開発のゲートウェイ「MKI Intelligent Gateway」経由で、 OSIsoft社(米国・カリフォルニア)が開発するIoT データ管理ソフトウェア「PI System(パイシステム)」に収集し保管・可視化するもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.