> > レジ袋有料化、判断の目安を示したガイドラインを公表 相談窓口も開設

レジ袋有料化、判断の目安を示したガイドラインを公表 相談窓口も開設

画像はイメージです(© takasumi / amanaimages PLUS)

経済産業省は12月27日、プラスチック製レジ袋の有料化義務化に向け、容器包装リサイクル法の関係省令を改正した。また、事業者がレジ袋の有料化に取り組むに当たって、判断の目安とすべき事項をまとめた実施ガイドラインを公表した。

改正省令は7月1日に施行され、容器包装を用いる小売業等を対象としたプラスチック製レジ袋の有料化制度が7月から全国一律で始まる。これにより、消費者のライフスタイル変革を促し、レジ袋の過剰な使用を抑制することを目的としている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.