ワタミ、宅食の使用容器をバイオプラに代替 国内全エリアで変更完了

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

ワタミ(東京都大田区)は1月13日、日替わり夕食宅配を行う「ワタミの宅食」において、九州・中国・四国エリアで提供している弁当・惣菜の容器を、バイオマス素材を含んだプラスチック製容器に変更した。これにより、同社は宅食事業を展開している全エリアで容器変更が完了した。

同社は、今回の変更により、年間約 1600 万食(約 480トン)分の容器のバイオマスプラスチック化を予定している。全国で提供している弁当・惣菜の容器がすべて切り替わることで、毎日約 23 万食、年間で約 6100 万食(約 1,830トン)分の容器がバイオマスプラスチック容器となる予定だ。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報