> > ワタミ、宅食の使用容器をバイオプラに代替 国内全エリアで変更完了

ワタミ、宅食の使用容器をバイオプラに代替 国内全エリアで変更完了

ワタミ(東京都大田区)は1月13日、日替わり夕食宅配を行う「ワタミの宅食」において、九州・中国・四国エリアで提供している弁当・惣菜の容器を、バイオマス素材を含んだプラスチック製容器に変更した。これにより、同社は宅食事業を展開している全エリアで容器変更が完了した。

同社は、今回の変更により、年間約 1600 万食(約 480トン)分の容器のバイオマスプラスチック化を予定している。全国で提供している弁当・惣菜の容器がすべて切り替わることで、毎日約 23 万食、年間で約 6100 万食(約 1,830トン)分の容器がバイオマスプラスチック容器となる予定だ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.