> > 「2030年までにカーボン・ネガティブになる」 米マイクロソフト

「2030年までにカーボン・ネガティブになる」 米マイクロソフト

米マイクロソフトは2030年までに、「カーボン・ネガティブ」になることを発表し、また目標達成に向けた開発支援として10億ドルを投資すると発表した。

カーボン・ネガティブとは、温室効果ガス排出量よりも多くCO2を除去すること。同社はすでに2012年に「カーボン・ニュートラル」を達成しているが、この取り組みは主にオフセットによる間接的なものであったため「不十分」であり、「大気から炭素を除去することが急務である」としている。

同社はまた、「2050年までに、1975年設立以来、直接または電力消費によって排出してきたすべての炭素を除去する」ことを目標に掲げている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.