> > ひかり味噌、紙・バイオマスプラ配合容器にリニューアル  計6点で展開

ひかり味噌、紙・バイオマスプラ配合容器にリニューアル  計6点で展開

ひかり味噌(長野県諏訪郡下諏訪町)は1月21日、同社が販売するオーガニック味噌5品とオーガニック即席みそ汁1品のパッケージについて、バイオマスプラ配合容器や紙にリニューアルし、3月から順次切り替えて行くと発表した。全国のスーパーマーケットと海外市場で販売する。

オーガニック味噌5品のプラスチック容器は、PET素材の一部にサトウキビ由来のバイオマスプラスチックを使用したバイオマスカップ(バイオマス度15%)に変更。また、即席みそ汁の外装を紙とプラスチックの複合素材に変更しプラスチックを80%削減するほか、外装袋の縮小により梱包段ボールのサイズも約20%縮小する。

環境配慮パッケージで目標を設定

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.