名大、高活性触媒を開発 再生エネを利用したアンモニア合成に期待

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです(© saoirse2010 / amanaimages PLUS)
画像はイメージです(© saoirse2010 / amanaimages PLUS)

名古屋大学 大学院工学研究科らの研究グループは1月23日、再生可能エネルギーの利用に適した温和な条件下で、極めて高いアンモニア合成活性(生成速度)を示す新型触媒を開発したと発表した。

この研究結果のポイントは以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報