> > 英弘精機、使い捨てプラスチック梱包材の使用を廃止へ 2022年末までに

英弘精機、使い捨てプラスチック梱包材の使用を廃止へ 2022年末までに

画像はイメージです

計測機器メーカーの英弘精機(東京都渋谷区)は、2022年末までに、製品パッケージに使用するすべての使い捨てプラスチックと、非リサイクルプラスチックの梱包材を、段階的に可能な限り廃止していくという誓約を発表し、具体的な取り組みを開始した。

同社は2019年12月31日、ソーシャルネットワークで「2022年年末までに、使い捨てやリサイクル不可能なプラスチック梱包材の使用を段階的に可能な限り廃止していくことをお約束します」と発表。海洋プラスチックごみに代表されるプラスチック汚染は、広範囲における「気候緊急事態」のひとつであり、この誓約により新しい時代に向けて、「『緊急事態』から『アクション』に変えていくことを決意」したとコメントしている。

2月12日には、このプラスチック誓約のワークグループでミーティングを開催し、太陽からの放射エネルギーを計測する「全天日射計」の新しいパッケージデザインを検討した。「測器をしっかり保護し、外観も良いデザインを選択すること」を課題のひとつとしてあげている。


同社Facebookより

まずは「環境に優しいプラスチック梱包材」への転換

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.