> > 日本初、伊藤園が『お~いお茶』ティーバッグに生分解性フィルターを採用

日本初、伊藤園が『お~いお茶』ティーバッグに生分解性フィルターを採用

伊藤園(東京都渋谷区)は4月13日から、マチ付きシングルチャンバーティーバッグとしては日本初となる植物由来の生分解性フィルター(ポリ乳酸)を採用した『お~いお茶 緑茶』ティーバッグを販売する。

生分解性フィルターは、日本バイオマスプラスチック協会(JBPA/東京都中央区)の「グリーンプラ認証」を取得している。この認証は、微生物の力で水と二酸化炭素まで分解される生分解性素材を使用し、環境負荷を低減した商品に認められるもの。

また、ティーバッグの構造を見直し、従来のフィルター使用量を約50%削減。さらにティーバッグの個包装には紙素材を使用することで、プラスチックの年間使用量を約15t削減する。パッケージの外箱は、適正に管理された森林と供給源からの原材料で生産されたFSC(R)認証紙を使用している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.